ルメール騎手から田辺裕信騎手に乗り代わりとなった報知杯弥生賞は、8人気のメイショウテンゲンが1着、2着には1戦1勝馬のシュヴァルツリーゼが入りました。

 

また、前日に行われたチューリップ賞は、ダノンファンタジーが1人気に応えて優勝し、夕刊フジ賞オーシャンステークスも1人気のモズスーパーフレアが勝っています。

 

今回は、チューリップ賞2019、報知杯弥生賞2019、夕刊フジ賞オーシャンステークス2019の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

チューリップ賞2019の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 1 ダノンファンタジー 川田 将雅 1
2着 8 13 シゲルピンクダイヤ 和田 竜二 4
3着 5 7 ノーブルスコア 福永 祐一 7

 

チューリップ賞2019で1着となったのは、阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬のダノンファンタジー。

 

ダノンファンタジーは、KBS京都賞ファンタジーステークスを制して、阪神ジュベナイルフィリーズで1着になった馬。

 

今まで、KBS京都賞ファンタジーステークスと阪神ジュベナイルフィリーズ両レースで1着となり、チューリップ賞に出走してきた馬はいませんでしたが、チューリップ賞に出走してきて、1着となりました。

 

出目からは、ダノンファンタジーは1着になっても不思議はなかったので、軸に据えましたが、2着は対角のシゲルピンクダイヤでした。

 

シゲルピンクダイヤの同枠のドナウデルタ は、デビュー戦の阪神1400mの新馬戦で2着、続く阪神1400mの未勝利戦で1着と阪神連続連対歴を持つ馬。

 

このため、ドナウデルタを相手の1番手と考えましたが、同枠のシゲルピンクダイヤが2着となりました。

 

ドナウデルタが連対できなかったのは阪神1600mではなく、阪神1400mだったからのように思います。

 

3着に入ったのは、紅梅ステークスとエルフィンステークスというリステッド競走を連続3着してきた ノーブルスコア。

 

1勝馬というのが大きかったのでしょうね。

報知杯弥生賞2019の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 8 10 メイショウテンゲン 池添 謙一 8
2着 5 5 シュヴァルツリーゼ 石橋 脩 6
3着 7 8 ブレイキングドーン 福永 祐一 4

 

報知杯弥生賞2019で1着になったのは、2人気ラストドラフトの対角配置のメイショウテンゲン。

 

春の3歳重賞からも逆1番のメイショウテンゲンは狙えましたが、さすがに、4回連続正逆1番を使わないと見たのが失敗でしたね

 

2着に入ったのは、1戦1勝馬のシュヴァルツリーゼ。

 

チューリップ賞2019で1勝馬のシゲルピンクダイヤが2着となったことからも、もう少し考えるべきでした。

 

3着に入ったのは、こちらも1勝馬のブレイキングドーン。

 

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスで2着となったことから、連対もありえると見ましたが、3着でしたね。

 

チューリップ賞2019と報知杯弥生賞2019は以下のとおりでした。

 

チューリップ賞2019

1着 ダノンファンタジー 1枠1番

2着 シゲルピンクダイヤ 1勝馬(重賞・OP出走なし)

3着 ノーブルスコア 1勝馬(OP出走あり)

 

報知杯弥生賞2019

1着 メイショウテンゲン 8枠10番(逆1番)

2着 シュヴァルツリーゼ  1勝馬(重賞・OP出走なし)

3着 ブレイキングドーン 1勝馬(重賞・OP出走あり)

夕刊フジ賞オーシャンステークス2019の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 14 モズスーパーフレア C.ルメール 1
2着 6 12 ナックビーナス 大野 拓弥 2
3着 3 6 ダイメイフジ 松岡 正海 7

 

夕刊フジ賞オーシャンステークス2019で1着となったのは、マル外のモズスーパーフレア。

 

G3の指定交流競走の別定戦(カク指定は除く)の根岸ステークスと阪急杯からも浮上する馬。

 

でも、スプリンターズステークスの前哨戦であるキーンランドカップ1着馬のナックビーナス、産経賞セントウルステークス2着馬のラブカンプーの入った枠を軽視してしまいました。

 

結果は、ナックビーナスが2着に入り、1番人気と2番人気の本命決着となりました。

 

3着に入ったのは、森田直行厩舎が同居した3枠から、人気のないダイメイフジ。

 

チューリップ賞と同じ7人気が3着となっていましたね。

スポンサーリンク

最後に

来週は金鯱賞、報知杯フィリーズレビュー、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスの3重賞がありますね。

 

金鯱賞にはリスグラシュー 、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスにはウインファビラスが登録しています。

 

ちょっと気になります。

スポンサーリンク